大学受験

春便りが届くのを待っています。

うるう年で2月が1日多かった2012年

ゆうちゃんの大学の合格発表は3月8日の事でした。

入試の日から約10日間。

手持ち無沙汰とも思えたやけに緩やかに流れる時の中

1日も早く結果が出て欲しいと思ったり 

その反面 やっぱり知ってしまう怖さも感じていたりと

なんとも言えない日々を過ごしていました。

期待と不安で ごちゃまぜな気持ちを抱えながら 

2時間遅れでたどり着いた掲示板

おめでとう おめでとう~ って、在校生の歓声が飛び交う中 

私はひとり 静寂に包まれ 

ゆうちゃんの背中をただ見つめていた事を思い出します。

あの感嘆の涙を流した日から1年。→合格発表の日のこと。

足掛け2年の ゆうちゃんの受験記にお付き合い頂き

合格発表つながりで 仲良くさせていただいた方の中に

何名か 進路判定待ちをなさってる方がいらっしゃるかと思いますが

なんの巡りか

ここのところ 私事の色濃い話が続いていまして(笑)

どうしてるかな。って 気になってる方があちこちいるのに

もうホント こんな話題ばかりで

ちょっとゴメンね~な気持ちでいるんですけど

ジュリママは あのことで

なんら痛んでいないし 病んでないし ましてや弱ってもいないので

そっちに関してのお気遣いは これっぽっちもすることなく

今までと同じノリで

あと1日 ドキドキでおかしくなりそうです・・・とか

こんな道に進む事になりました~(^^♪ とか

最チャレ頑張ります!とか

なにか報告がてらでも 愚痴りでも なんでも

お話しに来て下ださったら 嬉しいなって思っています。

 

皆が 最良の道を選び 歩き出せる春になりますように。

受験絡みのお話限定で。と お願いし (笑) 

10日あたりまで コメ欄開けて お待ちしていますね♪

にほんブログ村 子育てブログ 高校生以上の子へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ スタンダードプードルへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納へ
にほんブログ村

ポチっといただくと OUTランキングに参ります(^^♪

| | コメント (6) | トラックバック (0)

国立前期受験 前日ですね。

国立前期試験 いよいよ明日からですね。

去年のこの日 あたしは何して過ごしてたんだか・・・

そんなん思って 

つらつらと過去記事を読み返しております。→ 2012年2月の我が家。

分かったのは 試験1日目の朝が雪だったこと。

自分 風邪気味な感じで終日ゴロゴロしてたこと。

1年前のジュリちゃんの腰に ♥はなかったってこと。

起きたから 大丈夫。

そんな 最低限の報告のみが届くだけだった2日間。

夜とか、電話して 話すことはいくらでも出来たと思うけど

どうだった~?なんて 様子を聞けばさ

余計なひと言とか 要らぬ気遣いとか指図とか

自分目線の感想なんてやつを 吐きかねないからね

求められてもいないのに そんなん言ったとしたら 

ここ一番の大舞台に 集中して挑んでる

ゆうちゃんのお邪魔になるし。

外野からの 余計な手出しや 口出しは御法度。って事かと。

知りたいのはやまやまな気持ちそっと抑えて

ただ ひたすらに祈り 

帰りを待つことしか出来なかったもので

短い文章の中  メールの絵文字のみが

唯一 ゆうちゃんの心境を察する鏡だったっけ。

色々と振り返って思うに  親の役割りなんて

行ってらっしゃ~い。と 元気に送り出し

お帰り。って 笑顔で迎えられたら それでOKだったわ。

あの日のあたしと同じように

どこか落ち着かない さわさわとした気持ちでお過ごしの皆さま

たくさん いらっしゃると思うんですけど

ここまで来ると 出来ることはもう大してないんでね~。

後は 運を天に任せ 

明日も明後日も お疲れ様~って 笑顔で我が子を迎えられたら 

それが1番の支えになるような気がします。    

あとひと踏ん張りだよ。

頑張ってきた受験生のみんなが

培ってきた力の全てを出し切れる2日間になりますよう

ジュリママは そっと 願っています。

にほんブログ村 子育てブログ 高校生以上の子へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ スタンダードプードルへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納へ
にほんブログ村

ポチっといただくと OUTランキングに参ります(^^♪

| | コメント (6) | トラックバック (0)

志望校選択について。

模試や センター試験の結果を受けて

各予備校ごとに出される判定のことですけど

ゆうちゃんは ○ゼミで B判定が出たものの

○合と ○代では C判定で有りました。

一橋は センター試験の得点配分が低いので

足切りラインを超えられたことは すごいラッキーだったけど

その先は その事はあんま活かされないというか なんと言うか・・・。

そんなわけで 

2次試験でどれだけ取れるかが大切な事なんでね

まだまだ。 いやいや、合格の可能性は十分あるさ。

そう信じて 毎日を積み重ねておりました。

Aなんてとっちゃうと 安心しちゃうからこれっくらいがちょうどいい。

ゆうちゃんは そんな風に言ってました。

人間ね 崖っぷちに立たされると

思いもよらぬ力が湧いてくるもんだよ。

大丈夫。

ここからだから。

センターで実力を出せた受験生は その自信を土台に

センターが思うような点数には届かなかった受験生も

まだまだ 挽回のチャンスは大いにあると思うから

諦めずに 多分に秘められている 自分の伸びしろを信じて

あと1ヶ月 強気で突き進んで欲しいと願っています。

にほんブログ村 子育てブログ 高校生以上の子へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ スタンダードプードルへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納へ
にほんブログ村

ポチっといただくと OUTランキングに参ります(^^♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)

センター試験1日目ですね。

センター試験1日目ですね。

ブログを通して仲良くさせてもらったり

こそっと勝手に見守らせて頂いてる方々の受験生は

みなさん 体調よろしく会場入りできたみたいで

まずは良かったな♥って 密かに感じておりますよ。

現役の時は センター試験の重要性って

さほど感じていなかった。って言うか

本当の怖さ 分かっていなかった。ってのが正直なとこでしたけど

当時、ゆうちゃんの志望学部の予想足切りラインは 720点。

そこ超えられなかったら

国立大の受験票を手にする事は叶わぬ夢と散ってしまうから

足切りライン+何点獲得できるか・・・を目標に臨んでいました。

易化すると言われたその年。

その点だけを見たらね、有利とも思えたのだろうけど

平均点があがって 足切りラインも上がったらえらいこっちゃ。

しかも 難化した前年のセンターの結果で 

即浪人が決定して 1年多く積み重ねてきている多くの先輩方々と

肩を並べて受験しなければならない と言う

現役生泣かせの厳しい現状もありました。

それに加えて あの年は

国立大学の後期試験のまさにその前日に 

大きな地震がきて 交通網は完全にダウン。

センター試験の結果のみでの

合否判定になってしまった大学もかなりあって

ゆうちゃんのお友達の中にも 大きく進路が変わった子がいました。

ママ友んちのT君も

「センターコケてたから もう話になんなかったよ」って

一縷の望みをかけて後期での復活に向けて頑張っていたのに

実力発揮する事も出来ずに あえ無く浪人決定となりまして

そんな まさか・・・な出来事もなきにしもあらず。

のちのち 大きな判断材料になるかもしれないセンター試験なのでね

易しいとか 難しいとか その年によって

あたりハズレがあるかのように 言われているけど

一緒に受けてる子達は みんな同じ条件なんだもんね。

その中で どう結果を残せるのか 

最後の1問まで 諦めずに解き進めて

このセンターが悔いの残らない 大きな第一歩になるように

ずっと頑張ってきている受験生の皆さんが

その成果を存分に発揮できるよう 陰ながら願っています。

punch ~ flag

にほんブログ村 子育てブログ 高校生以上の子へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ スタンダードプードルへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納へ
にほんブログ村

ポチっといただくと OUTランキングに参ります(^^♪

| | コメント (12) | トラックバック (0)

センター試験に向けて。

今日もいいお天気で。

何度寝したんだ・・・?から いい加減目覚めて 熱を計り

寝室のカーテン開けたら 

川向こう やまとママが家周りのゴミを拾ってる姿が見えました。

フェンス越しまで火バサミ伸ばし 川側のゴミまでもひょいと収集。

あら えらい。

昨日また ちょっとお熱が上がったりなんかしたもんで

未だ病み上がり途上。を言い訳に

ぐうたら10時半まで休んでたあたしとはえらい違いだわ。あはは。

そんな あたしのお寝坊話はいいとして

今年のセンター試験は 19、20日なんですね。

みなさんのブログ記事でも

センターまであと○日!なんてタイトルが増えてきましたもんね。

昨年は14、15日だったから 

年明けから5日も余裕があるんだね。って思ったら

善し悪しはあるでしょうけど ちょっと羨ましい気も (^^♪

P1210971

6日 駅まで送る車中で ゆうちゃんにその話をしたら

え?そうなの? 5日も多い・・・。

去年その日程だったら 取り掛かるの9日でよかったな・・・。

(10日前でいいってことか・・・?)

学力を維持するのは 上げる事よりずっと難しいから。って

そんなようなことを言ってました。 ← うろ覚えなのは熱のせいだな。

暮れの27日

東京まで ひとり出かけてライブを楽しみ

とても穏やかに年末年始を過ごし

お正月も特番に興じて 5日まで笑っていたゆうちゃん。

あ、4日には高校の友達と夜まで遊びにも行ってたかも。

P1210970

なんにもやってないわけじゃないのよ。

参考書もノートも開いてあるし  時にペンも動いてる。

けど かなりのながら。

TV見ながら 横になりながら ジュリと馴染みながら 休みながら。 

その当時はね

ん?これで間に合うんかい・・・。って密かに案じておりましたけどね

あれから1年が過ぎ 振り返ってみれば

ゆうちゃんは 常に平常心でした。

カリカリすることもなけりゃ イラつく事もなく 無理もせず

自分を上手にコントロールできていたように思います。

はたから見たら やる気 その気どこ行った?だったとしても

しっかり発散して めいっぱい楽しんで ぐっと締めて集中し 

その日に最善のコンディションで臨めるように

ゆうちゃんなりの計画に沿った行動だった。って事なのでしょうね。

センター試験控えたご家庭は 受験生も親御さんも

いよいよ・・・!って感じになってきてるでしょうけど

まだ 10日も あるんでね~。

ここまで来ると 大切なのは当日のコンディション。

コンを詰め過ぎて バランスを崩すことのないように

いよいよ。だからこそね、 

美味しいご飯を食べて みんな笑顔で過ごせるといいな。って

ジュリママは 陰ながら願っていますよ。

P1210972

頑張れ受験生♪  そしてママさん達♪  応援してます (^^♪

にほんブログ村 子育てブログ 高校生以上の子へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ スタンダードプードルへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納へ
にほんブログ村

ポチっといただくと OUTランキングに参ります(^^♪

| | コメント (4) | トラックバック (0)

これは余談なんですけど・・・。

2年前の秋口だったか

当時通っていた高校で 最後の保護者説明会があった。

保護者の出席率は 常に高め。

入学式なんて ご夫婦揃って列席。が普通なもので

生徒より 保護者のが多い。 そんな高校だったせいか

この日は大学受験に向けての最後の説明会とあって

ま~  結構な数のお母様やお父様が参加してました。

センター試験の願書提出の注意事項や

そこから先の 2次試験までの流れや日程について

つらつらと説明がなされた後

これは余談なんですけど・・・と、先生が前置きした後のお話 book

何年か前の卒業生に 東大を受験した生徒がいまして。

この子は 成績も安定していて どの模試でも常にA判定。

職員も合格を信じて疑わずに送り出したんですけど

結果 

本人はもちろん 誰もが まさか・・・。って驚いた 不合格で。

合格に求められるだけの 

学力も実力も しっかりと備わっていた子だったんですけど

この生徒はね、 

朝 自分で時間に起きる事が出来ない子だったんですよね。

だから 普段は

毎朝 お母さんに起こしてもらっていたんでしょうけど

ただでさえ緊張感のある受験。

ひとりでホテルに宿泊する。

そんな 非日常な環境に置かれた時

こういう 自立できてないメンタル面の弱さ。の影響って

とっても大きく出てしまうことが 大いにあるんです。

お母さん方 ついつい起こしてあげちゃってると思いますけど

もう18歳なんでね (笑)

朝、自分で 起きなきゃならない時間に起きる。

そんな基本的な生活習慣くらいはね 社会に出る前に

心がけて身に付けておきたい点であるように思いますので

自分で目覚まし時計セットして 寝るように

そこも 受験の一部と考えて 勉強と並行して

今の内から 備えて行くように家庭での配慮をお願いします。

他の事務的な注意事項なんかより  

ずっと印象深く ある意味すごく心に染みたお話でもありました。

にほんブログ村 子育てブログ 高校生以上の子へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ スタンダードプードルへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納へ
にほんブログ村

ポチっといただくと OUTランキングに参ります(^^♪

| | コメント (4) | トラックバック (0)

受験のお宿 オチ話。

元を担ぐ。とか 縁起。とか

あまり気にならないタチのあたし。

ええ。

だからって訳でもないんだけど

単に 1階の中華料理が美味しかったのと 

出来れば慣れた宿で・・・なんて理由で

前回 合格叶わなかったあのホテルにまた予約を入れたと言う (笑)

考えてみたら  縁起でもない。って 

人によっては避けるポイントでもあったりして。

流れ 流されて  結局のところ 

希望外の別ホテルにお世話になる事になったんですけど

合格発表のあの日。

改めて出向くのは 面倒い。って理由で

帰り足に報告に寄った予備校で 

顔を合わせ ←彼は商学部に合格しておりました。

駅まで一緒に歩いて帰ってきた クラスメイトの ○君。

ゴメン 俺 名前知らないわ。

早く言おうよ (笑)

でも 受験の時同じホテルに泊まってたよね。

えっ そうなの?

朝 エレベーター一緒だったよ・・・。

マジか・・・。

20数名が同じ目標もって 学んできた一橋クラスだったけど

合格叶ったのは わずか3人。

その内の2人が 偶然にも同じホテルに泊まっていただなんて

もしかしたら すごいジンクス持ってるホテルだったりして(笑)

結果オーライだからこそ こんな話が出来るのだろうけど

ええ。キャンセル待ちの4番目。でございましたが

本当は ちょ~ラッキーだったのか good

ホテル ロイヤルオーセンテック立川さん

もしや なに気に 合格オーラをさずけて下さってたのかなぁ。

何はともあれ  有難うございました (^^♪

にほんブログ村 子育てブログ 高校生以上の子へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村

※ ゆうちゃんが彼の存在に全く気付いていなかったのは

 受験に集中していたから。 って事でもない・・・のか。

にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納へ
にほんブログ村

節約以外はポチっといただくと OUTランキングに参ります(^^♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

受験のお宿。

志望校が決定しないと 備えられない事のひとつ

受験時のホテルの予約の話ですけど

我が家のように 試験会場が遠方の場合

時期的にね 真冬なんで

朝起きたら予想外の大雪で電車遅れまくる。

なんて十二分に考えられることだし

どこぞの誰か様が

人生に悲観して 飛び込んでしまった・・・。なんてことや

世の中を騒がせたかった。なんて おいおい!な理由で

駅の構内での爆破予告なんて事もなきにしもあらず。

 

ただでさえ 非日常の緊張感がある中で

不安材料は一つでも消化しておきたいものだから

せめて タクシーでひょいと間に合う場所には行っときたい。

現役時代は どのタイミングで予約入れたらいいのか

正直 よくわかっていなかったので

今頃の時期に行われた 高校での保護者説明会で配られた

各旅行会社のパンフレットのリストを見て

P1190489

さてと。

と 申し込もうと思ったのが 10月初旬だったか。

P1190491_3

リストにあった大学に近いホテルは 

大学の最寄駅から2つ目の駅 立川。

当時 志望校が一緒だったT君ママと一緒に

宿泊料金や お部屋の雰囲気などもネットで見比べて

お願いする旅行会社を JTBに決め

申し込み書を書き 保証金などを添えて予約をしに直近の支社へ。

ええ。まさかとは思いましたけど

もうすでにキャンセル待ちの状態でございました_| ̄|○。

はぁ~?て思ったけど

空いてない。ってんだから 仕方ない。

で、代案での提示があったホテルは 新宿。

遠っ!

1泊のお値段も ¥13000超えだったけど致し方ない。

身の丈を あっさり飛び越えちゃってんじゃんか だけど

しや~ないから そこだけでも仮押さえにしておくか予約。  長っ(笑)

それでも 付き添い予定で ツインを予約したT家は

12月くらいには無事予約が取れて

いつまでも吉報届かずのあたしを

「T君がセンターしくじったら ゆうちゃん この部屋に泊まればいいよ」

なんて 軽くなぐさめてくれてました。

結局のところ 

旅行会社の方が仰っていた通りに

センター試験後に大移動があった模様で 

( ※ 同じ志持っていたT君も 残念ながらの移動組に・・・sweat02 )

1月後半には予約が取れて

1階の中華料理が めっちゃくちゃ美味しいんだよgood

と そこだけは喜び感じながら受験できたゆうちゃん。

で、浪人時はね、もうどんなもんかは分かっていたから

8月には 旅行会社にお電話しましたよ。

昨年、お世話になった ホテル○○○でお願いしたいんですけど。

あ~ そちらは すでにキャンセル待ちの状態になっておりまして。

あらら。

ですが 

センター試験後に かなり動きが見られるかと思いますので

このまま キャンセル待ちでお預かりしておきましょうか。

あ、じゃあ それでお願いします。

では2月24日、25日の2泊 朝食付きでお受けいたしました。

ところがよ、

夕方 ゆうちゃん帰ってきて その話をしたら

ありがと。

でも、朝飯いらないかな~。

めっちゃ 隣の人と近いテーブルでお粥かなんかだったんだけど

ん~。あれなら コンビニとかで何か買ってきて

部屋でゆっくり食べてから 出かける方がいいから。

そっか。じゃ また明日連絡しとくわ~。

よろしくお願いします。

で、次の日 朝食外してくださいって 連絡入れたら

そうしますと~ また新たにキャンセル待ちの予約を

お取りし直す形になってしまいまして。

昨日お受けした後もかなりの方が申し込まれていらっしゃいますので

ひとまず 昨日朝食付きでお受けしたままにしておいて

確定が出ましたら その時に朝食無しに訂正するのが

1番よろしいかと思います。

あらら。では そのままでお願いします。

結局ね、センター終了後にも確定はいただけず

2月も結構過ぎた頃に

で、うちってキャンセル待ちの何番目なんでしょか?って訪ね

言いにくそうな

4番目でございます。の答えを受けて

さすがに もう ないわな・・・。

って、しゃっきり作戦変更。

同じ地区の 別ホテルを検索してもらい

めでたく ホテル オーシャンテック立川の1部屋をゲット。

受験日前後は 何割か増しの宿泊料のはずなのに

お値段も1泊 ¥8900と納得の料金で。

泊まるとこが 確定して

心配事が1つ減ったゆうちゃん。

なんで1日前に出かけなくっちゃならないんだろ。

そう ちいちゃく呟いて前日午後にはお出かけ。

その日の内に

ホテルから大学まで 予行練習での行き帰りを済ませ

ホテル付近も 軽くしっかり散策。←したかどうかは知らんけど。

2月24日の朝は 前夜から降り積もった雪で

ジュリちゃん地方は 真っ白け。

P1170603

やっぱ 前泊しておいて正解でした。

運命かかったその日 クソ早起きする必要も無いんだもんね~。

時間的にも 精神的にも余裕を持って受験に臨む。って事は 

誰もが手にすることの出来る 必要最低限の備えでしょうから。

頂ける安心感は 確実に摘み取っていってもらいたい。

にほんブログ村 子育てブログ 高校生以上の子へ
にほんブログ村

この時期はね、志望校が決まらずに 

動くに動けないママさん達も多いかと思いますけど

キャンセル 全然OK!みたいなのでね~

第一志望、第二志望、第三志望くらいまで

笑っちゃうくらいフライング気味でも

とっとと 予約入れちゃってもいいのかも・・・。

2年連続でドギマギしちゃった ジュリママは

そんな風に 思っています。

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納へ
にほんブログ村

節約以外はポチっといただくと OUTランキングに参ります(^^♪

| | コメント (6) | トラックバック (0)

息子に逃げ道を与えるかどうか。の話

前記事で 登場していた友達との会話の中で

もうひとつ 盛り上がった話の中に 

息子に『 逃げ道 』 を与えるかどうか・・・。という話題がありました。

この判定くらってて 受かったら奇跡だよね。

~そうだね~。

正直 けっこう厳しいものがあるかもね。

っていうか 浪人は考えてないの?

ないない。浪人はダメだって言ってあるし。

どして?

なんかさぁ~。

浪人OK。って言っちゃうと

それに甘えるって言うか 逃げ道が出来て

いまより更に勉強しなくなるような気がするからさぁ・・・。

あ~ なんかそれも分かる気もするけど

行きたい大学 あるなら

やっぱり そこに行って欲しいって思うけどなぁ~。

でもさ  ゆうちゃんみたいな大学と違うから

浪人してまで・・・って言うか・・・さ。

 

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

人それぞれ 考え方も 家庭の事情もあるから

どれが 正解ってないんでしょうけど

なんていうかね。

ケツ叩くのって 時期があると思うんですよ。

叩いて ホレホレ頑張って!って やって大丈夫な時期もあれば

励ますつもりが 

逆に本人をキツイ精神状態に追い込んでしまう場合もあって

見守る側の見極めるタイミングって とっても大切っていうか。

この時期 センター試験の願書の提出準備が始まって

夏に受けた 数々の模試の結果が返ってきて

皆さん Cだの Bだのって一喜一憂してる頃かと思うけど

B判定なんて もらえてる子は ちょ~良い方で

第一志望目指して この調子で頑張って行こう!って

モチベーションもアップしていけるんだろうけど

D とか E なんて出ちゃったらね・・・。

って、正に友達の息子君がそうなんだけど。

第一志望も 第二志望も 共に厳しい判定だが浪人は出来ない。

ママ曰く 大半の生徒が専門学校や就職を選ぶ高校だから

学校のサポートもそれなりだし。

でもって 息子君は塾にも行ってないし

自分でもどうすればいいのか どこをどう勉強したら

点数が取れるようになるのか 

もう 何がなんだか 分からなくなっちゃってると思うんですよね。

そこへ来て もっと分からない親が ← あたしもそうだった。

心配のあまりに こんなんで本当にだいじょうぶなの?とか

もっと 頑張らないと ○○大学しか行くとこないよ。 

※○○大学は嬉しいA判定だが 学びたい学部がない。らしい・・・。 

なんて、つい口走っちゃったとしたら。

お先真っ暗 彼の心は もう 落ちっぱなしの急降下でしょうね。

AやB判定なら バンバン ケツ叩いても大丈夫でしょうが

夏前ならまだしも  落葉ハラハラ舞う ここに来て

DとかEで 本人しょんぼりしちゃって やる気も起きにくくなってる時に

叩いてOKな ケツなんか もうそこにないんだし

今までの時間 有効に使ってこなかったことへの後悔は

きっと 本人が1番マズった。って感じているだろうから

そこ つつかれちゃったら

もう ど~でもよくなって 放り出したくなっちゃうんじゃないかなぁ。

ここから先は 精神勝負。みたいな面が大いにあるから

むしろ 甘え。とか 逃げ道。って言うか 支え。になるもの

与えてあげてもいいんじゃないかって気がするんですよね。

なかなか成果がでなくて キツイと思うけど

浪人しても いいんだからね。

諦めないで 今できることを一つずつやって行こうよ。

なんて もしも そんな風に手を差し伸べてもらったら

切羽詰った息子君の心にも 

ちょっとだけ 余裕が生まれて す~っと希望の光が差し込んで

ずいぶんと前向きになれるような気がするんですけど。

そう言う あたしもやっちゃった経験者。

現役時代は滑り止めの私立の受験について 

どうせ行かない ←(行かせられない。が正しいんだけど。)んだから

受ける必要もないし どうしても受けたいなら自分のお金でどうぞ~。

国立受からなかったら 後がないんだから

しっかり受かるように頑張って勉強しな。←口に出しては言わなかったけど。

そんな風に 励ましというか、まんまケツを叩く様な意味も込めて

私立の滑り止めは無し = 最後のチャンスは後期のみ

という 今思えば なんと厳しい受験を強いられていたのか・・・。 

だった、ゆうちゃん。 

さすがにね、再チャレの今年は

センター利用で3校 ← 当たり前にゆうちゃん自腹だったけど。

本試験での 早稲田1学部を受験しました。

私立を受けてもいいんだ。って事は 

ゆうちゃんの気持ちの上で 大きな支えになったと思うし

その支えがあったから 

限られた時間の中で プラスαの勉強もこなせたのだと思います。

ラッキーな事に合格まで頂けたおかげで

国立合格発表の掲示板前まで 親子で足を向ける事ができたし

心のよりどころって言うか 支えになるお守りがあるからこそ 

また一歩 踏み出す勇気が持てる。って事 

やっぱり 大いにあると思うんだけどなぁ。

そんなこんなで

浪人してもいいんだよ。って 救いの一言が

Nちゃんから 息子君に告げられていること そっと願っております。

にほんブログ村 子育てブログ 高校生以上の子へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納へ
にほんブログ村

節約以外はポチっといただくと OUTランキングに参ります(^^♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)

息子の手を離す時。

昨日 リンパに来てくれた友達と話してて

ちょっと 感じた事があったので 今日はそんな話を。

彼女の息子さんは 高3の受験生。

第一志望の大学の判定が かなりキツイのもらしいが

浪人はなし。って家庭の意向により どこかの大学へは 進学する予定。

それも どこか受かればだけど・・・ってママ。

※高2になる時の文理選択の際に 私立文系を選んだため

以来数学の勉強をしていないので 国公立大学への道はないらしい。

判定の厳しさに加え 絶対間に合うハズがない息子の暮らしぶりに

ストレスたまりまくりの ママなんだけど

それでもね、あと6ヶ月しか一緒に居られない。って思ったら

ご飯作りながら 泣けてきちゃったりするんだよね。

分かる~sweat01

あたしは そもそも ゆうちゃんだけだったけど

下の子が居るから寂しくないでしょ。とは 違う感情なんだろうね。

お兄ちゃんが 居なくなっちゃう。って事が辛いんだから。

もぉ~ ホントそうなの!

なんか 下は勝手に育って行ってるって感じだし

もちろん どっちも可愛いんだけど 

長男はなんて言ったらいいか 全然違うんだよね・・・。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

皆さん よ~くご存知のように

ゆうちゃん 現役での一橋合格は叶わず

後期試験で 私立ではない某大学の社会学部に合格しましたが

ちっとも 心が晴れることはなく ←たぶん。勝手な憶測。

今まで積み重ねてきた事の重さや

今、どの道を行くのかによって変化していくであろう

これからの長い人生 

違いの大きさは ある意味 歴然とそこにあって。

受かった大学に進み 4年後別の大学の大学院に進むか

なんて事も 考えつつ 

浪人して もう1年かけて再チャレするのか

人知れず ゆうちゃんは深く悩んでいた事と思います。

結果、ギリギリまで考えて 浪人の道を選びました。

そこから過ごした1年間。

今をしっかり掴み取った ゆうちゃんにとってはもちろんの事

愛しい一人息子から この手を離さなければならない私にとっても

覚悟。と言うか、諦め。と言うか

自分自身の胸の中に抱えていた思いを切り替える為の

ある意味 すごく深い かけがえのない1年だったように思います。

子供が 自ら親元を巣立って生きていこうと決めたとき

残る身にとって それがどんなに辛く寂しい事であったとしても

母親は黙って そっと背中を押して送り出してあげないと・・・ですよね。

私自身 その時を迎えるにあたって

親として 愛する者として 支えていたつもりの自分が

本当はどれほどゆうちゃんの存在に支えられていたことか

改めて 気付き 思い知らされ 愕然としましたが

愛おしいと思う気持が 決して依存であってはならないし

いつまでも側に居たい。と思う気持ちは

やっぱり あたし側のエゴであって

そんなん あたしの口から告げる事は

心根の優しいゆうちゃんを 悩ませるだけだと思ったし

だから 1度たりとも口には出さず 素振りすら見せないように 

自分の気持ちをひた隠しにして過ごした時期が有りました。

おかげさまで。というか

ゆうちゃんとあたしには ラッキーなおまけの1年があったから

どうにか 心に決めた思いを貫き

ゆうちゃんが 行ってきます。と 東京へ旅立つその別れ際まで

なんとか 涙は見せずに

へっちゃら母ちゃんを そこそこ演じ切れたような気がします。

どんなに 寂しくなっちゃうんだろうか。

そう 気に病んでいた この暮らしですけど

離れて暮らしたって ずっと繋がってきた魂の絆の強さは

なんの変わりもなくって 

むしろ お互いを思いやる気持ちはずっと深く そして尊いままです。

そうね。

寂しい。というよりか つまんない。ってのがしっくり (^^♪

にほんブログ村 子育てブログ 高校生以上の子へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納へ
にほんブログ村

節約以外はポチっといただくと OUTランキングに参ります(^^♪

| | コメント (4) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧