« 2015年11月 | トップページ | 2019年11月 »

2019年10月

お腹に出来た腫瘍の話② サロン探しの巻

紫がかったピンクのような 

なんともいえない色味の いびつな ぼっちんちん。

 

あからさまな 出血とか

膿んでる様子は みられなくて ちょっとホットした。

 

大きさはね

見えてる範囲 直径でいったら 

1,5センチオーバーってところだったかな

 

出来てる場所から想像するに

これ 元はおっぱい? なんて気もしたりして。

 

その ぼっちんちんの正体が なんにせよ

たぶん 切り取る方向になるとして

 

診察 → 手術に備えて

取り急ぎ

ぼさぼさジュリアを トリミングしなきゃ。って思った。

 

 

1歳過ぎたころから

見よう見まねの バリカンのみでの

まったくの素人ママちゃんトリミングで

なんちゃって プードルで過ごしてきたジュリア。

 

P1070774

 

 

ゆうちゃんが 東京に住むようになってからも

ジュリアのお風呂と トリミングのタイミングで

ちょいちょい帰省してもらっては

おうちで お手入れしてきた我が家。

 

なのにね。

 

1年位前からだったかな

 

ジュリアに バリカンかけ始めると

顔や 腕が すごいかゆくなっちゃって

あっという間に ぼこぼこの 赤い湿疹が出現。

そのたび 中断しては シャワー浴びて

また 時間をおいて 再開する。

そんなのを ひたすら繰り返して

何日もかけないと

トリミング 出来ない状況になっていて。

 

 

そんな私のお体事情に

3か月に渡った引っ越し騒ぎの毎日がプラス。

 

 

言い訳できない 私の怠慢の犠牲を

まんまと くらって 当時のジュリちゃん

人生最高の ボサ子になっておりました。

 

 

で、

病院行かなきゃなのは やまやまなれど

どうにか その前に トリミングお願いしなきゃと

急ぎ サロンを探すことに。

 

 

第一候補のサロンは

お友達のわんちゃんが 

ずっとお世話になっていて

スタンプーお得意っぽいサロン。

 

帰省した ゆうちゃんとのランチ帰りに

サロンへおじゃまして

お願いしたい理由と事情をお伝えしたところ

 

9歳という高齢犬

しかも いままでおうちトリミングで

いわば サロン慣れしていないジュリアは

知らない人に長時間触れられるストレスから

体調を崩すことも 十分考えられるので

当日 

シャチハタではない 印鑑を持ってきてください。

ってな お言葉が。

 

おっしゃる通り。了解でございます。

 

 

で、もって

肝心のトリミング日ですけど

 

すでに 半年先まで予約がいっぱいなので

朝 お預かりして

他のワンちゃんのトリミングの合間 合間で

小分けの作業進めて なんとかなりそうって

提示してくださった そのお日にちは

なんと なんと 2か月も先のことでした。

  

 

うわ、これ 無理じゃん。って思いながら

とりあえず その日の予約をお願いして。

 

 

帰り道 あれこれ迷い考えたあげく

 

こんなサロン出来たんだってよ。

ジュリちゃん よかったら 行ってみたら?って

 

1年位前に リンパのお客様に頂いていた

パンフがあったことを思い出し

帰宅後すぐに 電話かけてみましたが

 

なんの 間の悪さだったのかつながらなくて。

 

そこから3日間 

仕事のすきを見つけては ちょいちょい

電話かけまくってみたけれど まったくだめ。

 

 

これは どうしたことやら。と

手もとにあったパンフ片手に

尋ねたサロンの おしゃれな扉に

今月いっぱい お休みになります。の貼り紙が・・・。

 

お休みなんじゃ いたしかたない。

 

ほんの数日待って

月明け 速攻再訪して

ちょっ早の予約をようやく取ることができました。

 

誓約書とか

印鑑とか そこらへんは 求められず

 

清潔感と 爽やかさ あふれるお兄さんに

 

予防接種済ませた日にち分かれば 

それで 大丈夫ですよ~って言ってもらえて。

 

よからぬ ぼっちんちんが出来てるってわかったのに

アレルギー出ちゃうから 

もう自分では

シャンプー・トリミングはもちろんのこと

毎日のブラッシングさえも

してあげられない状況になっちゃって

 

誰か どうか お願いだから助けてください。って

思いで いっぱいいっぱいだった私。

 

なじみのサロンをもっていなかったせいもあって

ここ何日も それはそれは気を揉み続けていたもんで

 

家からも そう遠くない

大型犬 大歓迎!の サロンさんに

気持ちよく受け入れてもらえた。って それだけでもう

なんだか すごくほっとした。

 

力を貸してくださる方がいるって

本当に ありがたくて ありがたくて しかたない。

 

 

ぼっちんちん おさらばに向かっての

やっとこの スタートラインです。

 

ジュリちゃん 一緒に頑張ろうね。

 

 

 

にほんブログ村 犬ブログ スタンダードプードルへ
にほんブログ村

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

ジュリアのお腹にできた腫瘍の話。その1

引っ越し済ませて ちょっと一息ついた頃合いに

 

ジュリアの おっぱい付近に

 

なにやら よろしくないであろう

 

おできのような物が見つかりまして。

 

 

気が付いたきっかけは

 

いつも ごろごろしてる 長座布団にうっすら

 

うっすい血のようなあとがついていたこと。

 

 

そういえば 最近 ちょいちょいお腹舐めなめして

 

お手入れやっていたかも。。。って 

 

当時 なかなかのボサ子だったことも 邪魔をして

 

見た目の変化に 

 

まったく気づかずにいた だめだめな私。

 

 

 

こういうのって 

 

大抵いやな予感しかしないじゃやないですか~

 

すーぴー すーぴー 

 

穏やかに居眠こいてるジュリアの横に正座して

 

ええ。 それは それは 意を決して お調べを。

 

 

もっさり生い茂る 巻き毛をかき分けた先には

 

なんじゃこりゃ~!!!!!

 

と、 おったまげるほどの 

 

いびつな ぼっちんちんが 

 

おかしな色味の顔をのぞかせておりました。

 

 

 

にほんブログ村 犬ブログ スタンダードプードルへ
にほんブログ村

| | コメント (0)

ジュリア 10歳になりました ♫

2019年10月22日

ジュリア 10歳になりました!(^^)!

Img_1199

雨上がりの午後から 

いつもお世話になってるサロンの イケメントリマーさんに

きれいにトリミングしてもらってきたので

帰宅後は ちょっとネムねむなジュリちゃんです。

 

 

4年も更新できずにいた間に 

あれこれ思うところがあったりして。

 

私なりに 長い時間をかけて 悩みつつ

心の思うままに身を任せ 

1年ほど前に お引越しを済ませまして

今は ジュリアと寄り添いながら

よりいっそう 穏やかな暮らしの中にいます。

 

大き目なジュリアは

人に例えたなら 75歳ってお体事情らしいですけど

 

なんでなんで  

 

いつだって愛おしい眼差しで見つめ返してくれちゃって

ちょいちょい いたずらなんかも繰り返しながら

はつらつ元気でいてくれています。

 

この10年

私と ゆうちゃんの歩みを

支え続けててくれて ありがとう。

 

お留守番空けの あの瞬間

いつだって 全力のしっぽフリふりで

私を迎えてくれて ありがとう。

 

賢くって 無邪気で 愛おしさのかたまりのようなジュリア。

 

うちの子になってくれて 

こうして 一緒に寄り添ってくれて

本当にありがとね。

 

 

ここから先 

もう何年も

また何度でも

こうして ジュリアの誕生日を祝えるように

 

ママは ジュリアのすべてを守っていくと誓うよ。

 

ジュリちゃん お誕生日おめでとう。

 

ありったけの 愛をこめて (^^)/

 

 

 

 

 

にほんブログ村 犬ブログ スタンダードプードルへ
にほんブログ村

| | コメント (0)

« 2015年11月 | トップページ | 2019年11月 »