« 兆候。 | トップページ | 負の思い出に囚われ続ける。 »

大人げなかったけど まだマシだったか・・・。

S君のこと 一緒に見ていってやってね。心配だらけだから(苦笑)

生前おばさんが 1番心残りに感じて案じていたのは

まだ2歳にも満たない Mちゃんの息子ちゃんのこれからの事だった。

日によって いや、その時々の些細な感情の揺れから

一気に上がったり~ 下がったり~ 変動甚だしい娘の心。

元々ね、低血圧だかなんだか ←本人はそう言ってる。

世の主婦の皆様が 朝ご飯の支度を始める時間帯に起きてる。

なんては 稀の稀だったMちゃん。

Mちゃんは 結婚して姓が変ったけど

自分の実家で母親と暮らすマスオさん形態だったから 

だんな様がお仕事に出かける時 栄養たっぷりのお弁当拵えて

気を付けて 行ってらっしゃい♪ と笑顔で送り出していたのは

いつも おばさんだった。

生活していく上での基本のそこが そんなんだもんね、

可愛い孫が健全に育っていけるのかどうか 案じるのも当然の事で。

だからね、寄り添う身として Mちゃんの心具合を偵察しつつ

スキマ時間を見つけては 顔出しに行って

Sちゃんと一緒に遊んだり おふざけして笑ったりを心がけていたあたし。

幸いなことに この頃はあたしの訪問に関しては

いつだってwelcome ~って笑顔で迎えてくれていたので 遠慮なく。

ある日 茶の間のお隣の部屋にレゴのブロックがあるの見っけ。

なんだ、ちょうどいい大きさのあんじゃん。

Sちゃん 一緒に遊ぼ~か~。

ん・・・ただ ぶん投げておしまいだと思うけど。

え?積んだり 崩したり くっつけたりしないの?

うん。いつも投げちゃうだけだから あんま使ってないよ。

あっそう・・・。

そんな事前情報では有りましたが

なんでなんで 

赤と黄色 10個くらいのブロックをテーブルに広げ 

Sちゃんは どれが好きかな? とお尋ね。

Sちゃんが 選んでくれた1つを指して

有難う~(^^♪。これね 赤っていう色のブロックなんだよ。

あか。きれいな色だね。Sちゃんの このコップも赤色だね。

あ、さっき読んだ絵本のチューリップも同じ色の花が咲いてたね。

どこに咲いてたかなぁ?

あたしが そう言うと

足元に落ちてた絵本を開いて 

こぇ。って、赤いお花の絵を指さしたSちゃん。

そう すごいなぁ~Sちゃん。 撫で撫で♥

お花もこのブロックもコップも みんなお揃いの赤色だね。

じゃぁ~ この中に もう一つ赤い色のブロックあるかな?

そんな風に 1つ1つやりとりを繰り返して行く内に 

テーブルに広がってる2色10個のブロックから

ちゃんと 赤だけを選び分けられるようになったのよ Sちゃん。

最初は2色で遊んでましたが  その日の内に 

4色ちゃんとそれぞれのグループに分けられるようにまでなりましたの。

子供の理解力って 本当に目を見張るものがあって

最初の興味付けができたら

もう その後の遊びは限りなく枝葉を伸ばし

どこまでも どこまでも 飽きることなくつなげていけるんだもの

やっこい脳みそって 使っただけの結果が出るからすごいよね。

ゆうちゃんとも いつもこんな風に遊びながら

生理用のナプキンみたいだな・・・。と その吸収力の素晴らしさに

毎日 感動すら覚えていたものです。

Mちゃんも

ぶん投げるだけだった我が子が 楽しそうに色分けしてる姿を見て

Sすごいじゃ~ん!って、それはそれは喜んでいたのだけれど

2回目の色分けブロック遊びが始まって ほどなく

Sちゃんが めっちゃ集中して4色分けしてるところへ

これは青だね~。って、まさかの手出しをやらかしてくれました。

Sちゃん 最初は 困惑してあたしの顔を見ながらも

地道に自分ペースでゆっくり考えながら分けていたけど 

Mちゃんがブロック横取りして サクサク分けていっちゃうもんで

ひゅ~ん。とご機嫌斜めに急降下 結果 半泣きのベソsweat02

ってかさ、なんで まざんの (苦笑)

え、だって遅いんだもん。

ゆっくりだっていいじゃん。Sちゃんが遊んでんだから。

思うようにさせてあげなよ。なんで待てないの。

Sちゃん これっぽちもMちゃんの助け求めてないし

って、も~邪魔くさいな~。

集中してる時は 声かけとかもしないでほおっておいてあげるといいんよ。

いや。我慢できなくなっちゃって(笑) ←そう言いながらまだ分けてた。

(ったく しゃね~な。)

ママも一緒にやりたいんだって。Sちゃん まぜてあげようね。

で、

半べそかいてたSちゃん 気を取り直し

Mちゃんが 置いたブロックを端によけると言う 反撃にでまして。

あたしはね、ようやったgoodって思って見てたんだけど

それに気付いたMちゃん  

ちゃんと合ってるのになんで取っちゃうの 元に戻して!

って お前こそ子供か(呆)

(あたしが思うに

Sちゃんは自分なりに戻してたんだと思うんだけどさ・・・。)

このあと 

感情に任せ 溢れ出したいくつかの小言を連発されたSちゃん

(ええ。ブロック遊びとは全く関係の無いことまで 言われてたね。)

まだ言葉で返せない頃だったのもあって

そりゃそうね、泣き出したわ。

そしたら すかさず

これっくらいのことで いちいち泣くな!と 

あたしまでもが おったまげるくらいの大きな声で一喝。

(わぉ。これっくらいの事で そこまで怒鳴れるって・・・なんだ~。

初めて色を覚えて 楽しかったブロック遊びが一転 

Sちゃんはすっかりいじけて 涙いっぱいの瞳で

寝転びぼんやりTVを眺めるという 残念な終点を迎えることになりました。

ねぇ、今ってさ

Sちゃんが 怒られる理由 1個も見当たらない状況だよ。

いや、むしろ ちょっかい出してゴメンね。って

謝られたっていいくらいの話だから。

おとなげゼロ(笑)

子供相手に 自己主張しすぎだし。

いつも こんなんでここまで諍ってんの?

分かってんだけどさ~。

なんか イラっと来ると止まらなくなっちゃって。

で、そんな自分に また落ちる・・・その繰り返しなんだ。

子供相手にこんなに怒鳴って。

自分は母親失格なんだ。って すごい嫌な気持ちになる。

そんなん みんな同じ。

子育て中の自己嫌悪なんて毎日のことだよ。

一緒に育って行ってんだから そこは致し方ないっしょ。

もうさ、口に出しちゃったものは仕方ないけど せめて

Sちゃんは悪くなかったんだよ。ママが間違っちゃって ごめんね。って

後で言える時でいいから ちょっと伝えてあげるといいかも。

うん。そだね・・・そうする。

子供が自分の頭で考えて新しいことをやろうとしているとき

出来た!っていう 達成感を味わう前に

自分の思いが先走って 求められてもいないのに 

軽い気持ちで手を出して 思うようにならなきゃ更に強く口を出し

最後までやり遂げさせる機会を崩してしまったMちゃん。

三つ子の魂 どこまでも。

この時期の大人との関わり方の大切さって やっぱり大きい。

Sちゃんの健やかな心の成長のためにも 

安定した大らかさを持って接する事が出来たらいいのになぁ

自分だってね その方が絶対楽なはずなんだけどな。

そんな風に

Mちゃんの子育てについて感じていられた この頃

思い返せば 相当マシに暮らせてた時期だったんだけど。

にほんブログ村 子育てブログ 高校生以上の子へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ スタンダードプードルへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納へ
にほんブログ村

ポチっといただくと OUTランキングに参ります(^^♪

|

« 兆候。 | トップページ | 負の思い出に囚われ続ける。 »

出来事」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534246/56034014

この記事へのトラックバック一覧です: 大人げなかったけど まだマシだったか・・・。:

« 兆候。 | トップページ | 負の思い出に囚われ続ける。 »