« この環境を変えよう。って事になった。 | トップページ | ここから どこまでも落ちていく。 »

つかの間の穏やかな暮らし。

日当り良好のアパートに引っ越してしばらくの間

体調も良かったと見えて 不意にお邪魔した時だって

部屋の中も それなりに片付けされていたし

TVが置かれてるリビングボードの上には

可憐な花を咲かせたバラの鉢植えが

キレイにラッピングされて並べられていたりと

なんていうかなぁ。

ここでの暮らしを楽しむ余裕というか

生活そのもの あちらこちらに彩りが施されていて 

前の家とは比べ物にならないくらい 明るい気が漂ってたの。

おでん煮たから 食べていって♪ 

栄養考えて ご飯は雑穀米にしてるんだよ。

そんなふうに言ってくれて

Mちゃんが煮炊きしたお夕飯をご馳走になったり 

何気ない会話の端々から感じとれる

ほのぼのとした柔らかな雰囲気は

正に Mちゃんの安定した心。そのもののように思えた。

前のお家は 部屋数も多かったし 

そのどこもが 沢山の物で溢れ雑然としていて

そうね、なんとも重苦しい雰囲気があったような気がする。

雨戸閉めて寝ていたら いつ夜が明けたかのかも気付けなくって

Mちゃんは どんどん昼夜逆転の生活リズムになっていってた。

母屋と廊下続きの Mちゃん達の一室は

ちょっと隔離された感もある 静かな離れで

Mちゃんの体調が優れなくなってからは

明るいと落ち着かない。って

窓もめったに開けられることなくなっていたから

いつも空気はよどんでいたろうにね。

そんな部屋にこもっていたらね

誰だって 気持ちは澱のように下に下に沈んでいくに決まってる。

ここでならね、

おひさまの眩しさ 身体に浴びて

窓を開け放ち 新鮮な空気を胸いっぱいに吸い込んで

家中の空気もすっきりと一新して 

気持ちよく1日を始められる暮らしが出来ると 

そう誰もが信じて疑いもしなかったっけ。

当時 お医者様から告げられていたMちゃんの病名は 欝病。

あの頃 処方されていたお薬は何種類あったのだろう。

眠れるお薬。

心を落ち着けるお薬。

そんなの効き目のを 2つ3つ内服していたんだと思う。

こんなに希望に満ちた新生活を送れていたんでね

Mちゃんも 一つ大きな峠を登りきって

これからは 日々快方に向かっていくだけで。

お薬だってね、 

少しずつでも減らしていけるんだとばかり思ってたんだけどな。

にほんブログ村 子育てブログ 高校生以上の子へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ スタンダードプードルへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納へ
にほんブログ村

ポチっといただくと OUTランキングに参ります(^^♪

|

« この環境を変えよう。って事になった。 | トップページ | ここから どこまでも落ちていく。 »

出来事」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534246/56061750

この記事へのトラックバック一覧です: つかの間の穏やかな暮らし。:

« この環境を変えよう。って事になった。 | トップページ | ここから どこまでも落ちていく。 »