« 離れる時間の大切さ。 | トップページ | 今度は救急車のお世話になった。 »

また きたか。

Sちゃんが通いだした幼稚園は 

地元に古くからあったキリスト系の無認可幼稚園。

そう。ゆうちゃんが卒園したあの園だった。

制服も 決められたバックもなく

好きなバックに破れても構わないお着替えを入れて

9時を目安に 各家庭のペースで登園した後は各々が

木のぼりする お部屋で絵を描く  お部屋のピアノを弾く

隠れんぼをする 泥団子を作り続ける 自転車の練習をする 等々

そんな風に やりたい遊びを選んで出来る自由な雰囲気があった。

1学年15人ほどの小規模な幼稚園。

年少さんから 年長さんまで 譲り助け合うなかで

自然と上下を学び 自閉症の子や足の不自由な子も一緒に遊ぶ

正に どの子も神様からの授かりもの。の精神が活きた最高の場だった。 

経験豊かで 常に大らかなあの先生方になら

Sちゃんの心の成長に寄り添って行ってくれることは間違いなく

入園の知らせを聞いて すごく安堵を覚えたあたし。

ただね、この幼稚園 

お昼はお母さんに会える時間 ♥ って説もあったか

ええ。毎日 お弁当持ちなんですよね。

金曜日だけは みんなで同じお昼ご飯を頂く。って事で

地元のパン屋さんや 中華屋さんが作ってくれる

コロッケパンや 炒飯が食べられて 

子供たちはそれをとても楽しみにしてたけど。←親も休めるし~♪

送り迎えにお弁当。

何かに付け 保護者参加率高めなイベント多し。

朝、起きるのもやっとこなMちゃんに

果たしてそれが出来るかな。って心配しない事もなかったんだけど

送り出してから 自分だけの静かな時間を持てる毎日

これが Mちゃんにとって すごい安らぎになって行ったとみえて

空き時間には 家にも遊びにこられるようになったり

毎日の送り迎えをするうちに

自然と何人かのママ友も出来て お茶したり 公園行ったり

ここ何年か 家族と限られた友人との接点しか持たず

ただただ 部屋に引きこもって 鬱々と

過去を繰り返し生きていたMちゃんにとっては

新しい出会いや 変化のある暮らし 

Sちゃんの目を見張る成長を感じられる毎日は

本当に いい転機になったなぁ~って

やっぱ 思いきって幼稚園行って良かったね。って

みんな みんな 喜んでいたんだよね。

そうね、最初の1年くらいは 

普通の暮らしぶりを保ってた様子だったから

もう 大丈夫かな・・・♥って 密かに感じていたんだけど。

その日は 本当に何の前ぶれもなく訪れて。

今度は日中 10時半くらいだったか。

仕事中のあたしの携帯に

未だ記憶に残ってる あのおったまげメールが

再び送信されてきたのでした。

にほんブログ村 子育てブログ 高校生以上の子へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ スタンダードプードルへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納へ
にほんブログ村

ポチっといただくと OUTランキングに参ります(^^♪

|

« 離れる時間の大切さ。 | トップページ | 今度は救急車のお世話になった。 »

出来事」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534246/56139238

この記事へのトラックバック一覧です: また きたか。:

« 離れる時間の大切さ。 | トップページ | 今度は救急車のお世話になった。 »